ダンス衣装の買取・売るならダンス衣装専門買取サイト ダンスダンス 強化買取中!

社交ダンスの衣装、使った後どうする?衣装の使いみちや高く売るコツを紹介!

社交ダンスをしている方にとって、悩みの一つでもあるのが「衣装の管理」について。
昔来ていた衣装がしばらくタンスに眠っていたり、だんだんと衣装が増えて困ってしまった経験はないでしょうか。
「捨てるにはもったいないけれど、(年齢や流行を考えると)今は着れない」
「どこで売れば高く買い取ってもらえるかわからず、ずっと取っている」
「新しい衣装が欲しいけれど、着れる衣装もたくさんあるし・・・」
このような悩みを持つ社交ダンス好きの皆さんに向けて、使用後のダンス衣装の使いみちや高く売れるコツをご紹介していきます!

社交ダンスの衣装って、使用後どうすれば良いの?

使用後のダンス衣装の使いみちについて、世間の声をもとにまとめています。買い取ってもらうだけでも、色んな方法があるので参考にされてみて下さいね。

みんなはどうしてる?まずは世間の声をチェック!

社交ダンスで使用した衣装は使用後どうしているのか、SNSや周囲の声を調べてみると皆さん様々な方法で衣装を販売・活用・処分されていました。また、まだ迷っていて決められないといった悩みの声も多くありましたよ。

ダンス衣装、処分に困っています。個性的なデザインだし、誰か買い取ってくれるのかな?
何となく処分できていなかったけど、もう着ないものは処分するべきだよね・・・。

何かに使うかも、と思って取っておいた衣装。年齢に合わないものは結局処分した。

ダンス衣装、たくさん売ったのに千円にもならなかった。

「売れるかどうか心配」「売れたけど安かった」といった残念な声もあり、これから衣装の使いみちを検討される方には、ぜひ満足のいく結果になることを願うばかりです。

また、どうするか迷ったあげく、捨ててしまってはせっかくのダンス衣装がもったいないですよね。そこで、衣装を手放す方法を3つに分けてご紹介していきます。

ダンス衣装を手放す方法①:売る

フリマアプリを使う

今では、何でもネットで完結する時代。社交ダンスの衣装をフリマアプリで売ることも可能です。有名なアプリと言えば、テレビCMでもよく見かける「メルカリ」「ラクマ」「ブランディア」などでしょう。しかし、ネットで売るのは便利だと思われていますが、実は出店登録をしたり、プロフィールを書いたりする必要もあります。自宅にいながら売れるといった便利さがある一方で、売るまでに時間がかかるというデメリットもありました。

買取店に出す

買取店の利用は、衣装の買取を行っている業者やお店を探す方法です。初めて買取店を利用するときは、信頼できるお店を探すのに苦労するかもしれませんが、査定の質が高いことが特徴でしょう。ダンス衣装買取店も様々あるため、持ち込みまたは郵送など商品をお店に手渡す方法や査定方法にも違いがあります。

ネットオークションを利用

ネットで衣装をオークションに出すこともできます。しかし、値段設定の手間や売れない高価格では売れない可能性が高いのはフリマアプリと同様でしょう。「売れるまで気長に待てる」といった人には良いですが、すぐに高値で売りたいと考えている人にとっては不向きな方法かもしれません。

友人・知人に直接売る

不特定多数の個人に売りに出すより、自分の知っている人に買い取ってもらうのも一つの方法です。メリットとしては、信頼性や連絡をこまめに取りやすく相談しやすいこと。しかし、一方で「知人相手にお金の交渉をするのが苦手」「結局タダで譲ってしまった」という例もあります。好意で衣装を安く売るつもりが、相手にはいらない衣装を押し付けられたと勘違いされてしまわないよう配慮しなくてはいけないのもデメリットかもしれません。

フリマへ出店

ネットを利用せず、近隣で行われているフリマへ出店することもできます。出店料がかかること、個人相手に直接値段交渉しなくてはいけないことが苦でなければ選択肢の一つとして考えてみても良いでしょう。しかし、高値で売るのは至難の技です。よっぽど交渉に自信のある人や、人気のダンス衣装を持っている人ではない限り思っている以上に安くなければ買ってもらえないことがほとんどです。

ダンス衣装を手放す方法②:活用する

「売る」以外にも、大切な衣装を活用している方たちもいます。どのような活用方法があるのか、主な2つをご紹介しましょう。

ボランティア団体などに寄付をする

ネットや情報誌などで、洋服の寄付を募っている団体を探してみましょう。ただし、キラキラした豪華な社交ダンス衣装は、寄付先によっては断られてしまうケースも考えられます。シンプルな色・デザインのものであれば、パーティ等に着ていくドレスがないご家庭などのお役に立てるかもしれません。

バッグやポーチ、アクセサリー等に再利用

裁縫が得意な方は、ダンス衣装として活用せずに新しいグッズを作ってしまう方たちもいました。普段着るにはちょっと派手すぎる衣装も、ポーチやアクセサリーなど小物にすることで普段遣いできるものに早変わり。大切な衣装を捨てずに自分で使っていきたいと考えられる人は、この方法も良いかもしれません。「お子様のパーティ衣装に再利用した」といった洋服が作れるお母様もいましたよ。

ダンス衣装を手放す方法③:処分する

「高く買い取ってくれるところを探すのが面倒」「今すぐにでも部屋を整理したい!」
そんな方は、潔く捨ててしまうという方法もあります。しかし、この記事を読まれている方は、大切な衣装を捨てることができなくて困っている人が多いはず。
そこで、できるだけ手間をかけずに高く買い取ってもらう方法を紹介します。結論から言えば、フリマアプリなどを利用するより買取店を利用する方が良いでしょう。詳しくは、次の章をご覧ください。

買取店のメリット・デメリット

社交ダンスの衣装を売るには、様々な方法がありましたが買取店で買い取ってもらうのがコスパも良く効率的な方法と言えます。買取店で売ることのメリットとデメリットをまとめてみました。

買取店を利用するメリット

買取店で衣装を売るメリットは、次の3つです。

  • 専門家に査定してもらうことが可能
  • 大切な衣装が高く売れやすい
  • 個人より信頼性が高い

買取店では専門的知識を持ったスタッフに査定してもらうことができるため、適正な価格で売ることが可能です。特に、フリマアプリなど個人に売る場合は「その衣装がどのくらい価値あるものなのか」といった視点で買われるわけではなく、「この値段なら買えそう」「好みの衣装だから少し高くてもいいかな」といった主観で値段が決まってしまいます。そのため、ごくまれに市場より高値で売れることもありますが、ほとんどの場合「売るために値段設定を下げなきゃ」という形で安く売らなくてはいけないことが多いでしょう。
また、フリマやネットオークションに不慣れな方の場合、信頼できない買い手と取引してしまってトラブルになってしまう可能性もあります。その点、買取店で売る際には難しい手続きは比較的少なくて済みますよね。便利だと言われているアプリやネットも、総合的に考えるとメリット・デメリットどちらもあることを押さえておきましょう。

買取店を利用するデメリット

一方、人によっては買取店で衣装を売ることにデメリットを感じることもあります。

  • 商品の査定・発送の手間
  • 良い買取店を選ぶのが難しい

ふだんスマホやPCで取引を済ませている方にとっては、「高く売れたとしても、手間がかかるならネットで完結する方法が良い」と思う人もいるでしょう。また、買取店を調べたところ、色んな買取店があって選べないといった不満を持つこともあります。
しかし、社交ダンス衣装の買取店を選ぶポイントさえ押さえておけば、質の高い買取店を見つけることは十分可能ですよ。少しでも衣装を高くスムーズに売りたいと思われる人は、次のポイントを押さえて良い買取店を探されてみて下さいね。

買取店を選ぶポイント

ポイント①:専門店であるか

「買取店」といっても、「全ての商品が買取り可能」「衣類専門店」「ダンス衣装専門」など様々なお店があります。そこで、できるだけ社交ダンス衣装に特化したお店を見つけましょう。社交ダンスと限定しなくても、「衣料品」とあるだけでも良いですし「ダンス衣装」とあればなおさら良いです。「何でも買い取ります!」とサイト上に書かれている買取店も多いですが、何でもOK=買取金額が高いということではありません。そういった店では買取拒否は少なくなりますが、専門性が低いため買取価格が下がってしまう恐れがあります。

ポイント②:利便性は良いか

「買取店はネットに比べて面倒だ」と考えている人も多いでしょう。しかし、今では買取店でも「査定ネット予約可」「詰めて送るだけ」など、買取をスムーズにするお店が増えてきています。もし、そういったサービスがない場合にはできるだけ自宅から近い店舗を探しましょう。いくら高値で売ることができたとしても、遠方となれば「交通費が高くついて、結局手元に残ったお金は少なかった」となりかねません。

ポイント③:信頼できるお店か

先程、「買取店は個人と直接やり取りするより信頼できる」と書きましたが、もちろん全てが信頼できるお店とは限りません。お店によっては、できるだけ安く買い取ろうとしたり、「専門家が査定」と言いつつダンス好きの店主が査定していただけだったりということもあります。そこで大切なのが口コミや評判をチェックすること。実際にそのお店で社交ダンス衣装を売ったことのある人など利用者の声を確認しましょう。専門家がいる買取店とはいえ、誰も知らないお店にいきなり衣装を売りに出すのは危険です。今回ご紹介した3つのポイントを中心に、お店選びをしてみてはいかがでしょうか。

高く買い取ってもらうコツ

買取店で売ることを考えたとき、高く売るためには3つのコツがあります。

  • 高品質な状態で売る
  • 売る時期を間違えない
  • 使用後はすぐに売る

高く売るコツ①:高品質な状態で売る

品質に関しては、衣装の清潔感と質の問題があります。
清潔感はシミ・汚れ、ニオイといった使用感がないかどうかが重要です。数回着て売ると決めた衣装に関しては、使用時から汚さない工夫や衣装に香りが残るほど強い香水等を使用しないよう心がけることも大切です。また、衣装の質は「自分が購入したときとできるだけ同じ状態で売れること」を意識しましょう。アクセサリーや取り外し可能な付属品をきちんと保管しておいたり、包装紙やケースがある場合にはそれらもキレイな状態で保管しておき、買取店に持っていくとより高い値段で買い取ってもらうことが可能です。衣装のほつれや穴が空いている場合には、買取価格は下がってしまうかもしれません。

高く売るコツ②:売る時期を間違えない

同様の品質の衣装でも、売る時期によって価格が違う可能性もあります。例えば、大会のある時期には新しい衣装を買い求める人が増えるため、売れる確率が上がります。買取業者も売れる商品を買いたいと思いますから、売れる時期に売りに出した商品は高い値段でも、自分の店で買い取りたいと考えるでしょう。また、夏の暑い時期に冬向けの衣装は売れにくいですし、その逆も売れません。衣装の季節感も重要なポイントになりますので「いつ売るか」といった視点も持っておくと、より高く売ることができますね。

高く売るコツ③:使用後はすぐに売る

より高い買い取りを目指すのであれば、「すぐに売る」というのも大切です。ブランドやファッションにも流行があるように、社交ダンス界でも流行りのデザインや色といったものがあります。そのため、何十年も前に着ていた衣装などは、いくら高価なものであっても高く売るのが難しいといった可能性も。使用後すぐに売りに出すことで、流行が終わる前に買い手が見つかりやすくなりますし、衣装自体の質も保ったまま売れるので高値がつきやすくなります。「いつか売ろう」と放置してしまうと、「3年前の衣装、どこにしまったかわからない」など探す手間も増えてしまいます。今回使った衣装を売ったお金で次の衣装を購入しよう位の気持ちで、早めに手放すこともポイントです。

まとめ

社交ダンス衣装の手放し方や高く買い取ってもらう方法をご紹介しました。使用した衣装の手放し方は人それぞれ色んな方法がありますが、衣装を売る場合にはフリマアプリ等を利用するより買取店を利用する方が良いのではないかと考えます。信頼できる専門店に持ち込むことで、安心して査定してもらうことができますよ。
できるだけ品質を保った状態で、良いタイミングで売りに出すのも大切です。色んな買取店を比較しながら自分に合ったお店を探されてみてはいかがでしょうか。